超絶景!ケラマの島々や夕日が楽しめる座間味島3つのおすすめスポット(おまけも有ります)

スポンサーリンク

慶良間(ケラマ)諸島・座間味島ツアーのレポート第三弾目は、座間味島から超絶景が楽しめる3つのおすすめスポットをご紹介します。

 

<関連記事>

スポンサーリンク

マリリンの像近辺からの島影と夕日

座間味島から見た景色の中で、私が一番気に入った場所は、マリリンの像がある岬っぽいところです。

ここは、座間味島滞在時の拠点となる港からほど近く、ゆったりと歩いていける場所で、目の前にある無人島・ガヒ島や安慶名敷島、それに阿嘉島がとっても近くに感じられる場所です。

 

こちらからの夕日は、島影に落ちていくものでした。

夕暮れの海上では、SUP(サップ・スタンドアップパドルボード)を楽しむ人たちが・・・。

 

日が沈むにつれ、空の色が黄色から紅がかったオレンジ、そして、ピンク色へと変化していきます。

マリリンの像の岬から見る夕日は、絶景の一言。

座間味島を訪れたなら、絶対に見ていただきたいシーンです。

ちなみに、(季節によって変わると思いますが)日が沈んでいく場所は島影の向こう側なので、気象庁が発表している日没時刻にあわせていくと遅すぎるんですよね。

なので、日没時間より30分は早めに到着するようにお出かけくださいね。

 

稲崎展望台からの夕日

おすすめスポット2番手は、稲崎展望台。

こちらもキレイな夕日を堪能できる場所です。

稲崎展望台は、集落から数キロのキョリがあり、しかも急な登り坂が続きますので、歩いていくには、かなりキツイです。

できれば、レンタルバイクかレンタカーで行くことをおすすめします。

稲崎展望台からは、広々とした海を楽しむことができて、とても開放感があります。

また、遠くに久米島を見ることもできますよ。

ツアーが出してくれたバスで稲崎展望台に到着すると、頭をツルツルに剃りあげた外国人(白人)男性が一人、夕日にむかって座禅を組んでいました。

日没後、我々が帰るときも瞑想モードだったので、真っ暗になるまで座禅を続けていたかも。

さて、こちらは、稲崎展望台から見た夕日で黄色く染まった空。

UVカットのサングラスをフィルターがわりにシャッターを押したら・・・。

まっかっかの景色になりました。

そして、こちらが沈みきる寸前の太陽。

空の色が黄色からオレンジ色や朱色に変わっていきました。

そして、水平線の向こう側で沸き立っている入道雲が見えますね。

カテゴリー
旅行
スポンサーリンク
ミドルエイジライフ
タイトルとURLをコピーしました